自己PRでインパクトを出す3つのコツ!!例文も参考に!

えっ、インパクトはこんな簡単に出せるの?

誰にでも、自己PRでインパクトを出すコツや方法を例文を交えて紹介します。

「アテンションゲット」で相手を引きつける!

自己PRで、インパクトを出すには相手の注意を引く必要があります。

相手の注意を引くには、一行目が一番重要です。

書き出しをどう始めるか?

これで自己PRの第一印象が決まります。

例文:「私は、御社に就職し、お客様を満足させたい。」

これは、ごくごく一般的な書き出しです。

これを下記のように変えてみてはいかがでしょうか。

例文:「私は、笑顔が大好きだ。」

どうでしょうか?

自分が言いたい内容はほとんど同じです。

しかし、「お客様を満足させる」という文ですと、自己PRがあなたの説明書です。

あなたの感情が一切入っていません。

しかし、「笑顔が大好きだ。」と書くことによって、あなたの感情が入ります。

これで、相手の注意を引くことができます。

以上のようなこともあなたの自己PRにも入れましょう。

衝撃的な過去の経験を入れろ!

例えば、病院に転職する際に、自己PRを書かなくてはいけないとします。

例文:「私が病院に転職したい理由は、多くの人の命を救いたいからです。」

これでは、まったくインパクトはありません。

しかし、これならどうでしょうか?

例文:「生死の境をさまよった経験がある。私が中学生の頃、、、」

このように自らの経験や過去を入れることによって、インパクトのある自己PRができあがります。

何でも具体的に!!

ついつい、自己PRを書く際にあいまいな言葉を使ってしまうことがあると思います。

例文:「私は様々な経験をしてきた。この経験を生かして、御社でも新たな観点から商品開発を行いたい。」

一見、良さそうに見えますが。

あなたの事を知らない人がこの文を読んだら、

「様々って何?」

「新たな観点って何?」

このような疑問を持たれてしまいます。

一つ一つの文はより具体的に書くようにしましょう。

以下のように訂正するといかがでしょうか?

例文:「私は商品開発から販売店まで多くの業務に携わってきた。また、大学では心理学を研究してきた。これら経験を生かして、御社では、お客様視点で商品開発を行いたい。」

こちらの方が説得力がありますよね。

以上のような方法で、あなたの自己PRにインパクトのあるものにしましょう。

最後になりますが、転職サービスに無料会員登録をすると、あなたに最適な職種を無料で紹介してもらえます。

一般には公開されていない案件でも、紹介してもらえますので、転職を考えの方は下記のサービスに無料会員登録をされてはいかがでしょうか?

最後まで、閲覧ありがとうございました。2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする